犬の膿皮症は、皮膚に黄色ブドウ球菌などの細菌が急増する事で生じる感染性皮膚病です。

犬の皮膚には、様々な細菌が存在しています。
皮膚が健康な状態であれば、それらが皮膚に悪影響を与える事はありません。
しかし、ストレスや老化などから免疫力が低下していたり、アレルギーやアトピーなどの皮膚疾患を持っていると、皮膚の細菌増殖を抑える力が低下するため、皮膚の発赤や発疹、化膿などが現れるようになります。



人にも犬にも安心安全な光触媒ミスト

犬の膿皮症対策に
犬の膿皮症対策に


犬の膿皮症の症状

 

犬が膿皮症になると、皮膚が部分的に赤くなったり、ポツポツとした発疹がみられるようになり、それとともに痒みを生じるようになっていきます。

 

特に顔や首、脇下や股下、お腹や指の間などによく現れる傾向にあります。

 

患部の痒みから、犬が何度も噛んだり、引っ掻いたりを繰り返す事で、黄色ブドウ球菌などの皮膚常在菌が皮膚の深部まで入り込むため、患部が化膿したり、腫れや痛み、脱毛が生じる場合もあります。

 

黄色ブドウ球菌は、人や犬などの皮膚や粘膜にもともと存在している常在菌ですが、皮膚のケガや傷から体内に侵入すると、増殖しやすくなり、傷口が化膿しやすくなります。

 

最初のうちは、皮膚に局所的な発赤や発疹が見られますが、進行すると病変部が環状に広がっていき、中心部が色素沈着を起こして黒っぽくなる場合もあります。

 

さらに病状が悪化すると、体のいたるところに発赤や発疹が見られるようになり、次第に治りにくくなっていきます。


犬の膿皮症に!光の力で細菌を安全に分解する光触媒ミスト

犬の膿皮症は、皮膚の抵抗性が弱い子犬や、免疫力の低下した老犬に多く見られる傾向にあります。
内分泌疾患(ホルモン分泌異常)などの病気や肝臓病を患っている犬にも多く見られ、アレルギー体質や皮脂の多い犬は、膿皮症を繰り返し起こしやすいと言われています。
Ads by Sitemix