犬の膿皮症は、皮膚に黄色ブドウ球菌などの細菌が急増する事で生じる感染性皮膚病です。

犬の皮膚には、様々な細菌が存在しています。
皮膚が健康な状態であれば、それらが皮膚に悪影響を与える事はありません。
しかし、ストレスや老化などから免疫力が低下していたり、アレルギーやアトピーなどの皮膚疾患を持っていると、皮膚の細菌増殖を抑える力が低下するため、皮膚の発赤や発疹、化膿などが現れるようになります。



人にも犬にも安心安全な光触媒ミスト

犬の膿皮症対策に
犬の膿皮症対策に


犬の膿皮症の原因

 

犬の膿皮症は、湿度や気温が高くなる梅雨から夏場にかけて多く見られる皮膚病です。

 

犬の皮膚には、もともと黄色ブドウ球菌などの細菌が多数常在していますが、皮膚のバリア機能が正常に働いている健康な犬は、そのような皮膚の常在菌が急増する事はありません。

 

しかし、皮膚の抵抗力の弱い子犬や老犬、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患のある犬は、皮膚のバリア機能が弱いため、湿度や気温の上昇とともに皮膚の常在菌が急増しやすくなり、膿皮症などの皮膚病を発症しやすくなります。

 

健康な成犬であれば、症状が軽い場合は自然に治癒していくケースもありますが、抵抗力の弱い子犬や老犬は、細菌感染への抵抗性も弱いため、放っておくと炎症が悪化したり慢性化しやすいため、早いうちに対処する必要があります。

 

過度にシャンプーをおこなったり、体に合わないシャンプーを使用すると、皮膚のバリア機能に必要な皮脂までが奪われてしまい、膿皮症などの皮膚炎の原因になる事もあります。

 

また、フケや皮脂の多い犬も、皮膚の常在菌が増殖しやすくなりますので、普段から愛犬の体は清潔に保ち、室内環境もこまめに掃除をおこない、衛生的な環境を保つ必要があります。


犬の膿皮症に!光の力で細菌を安全に分解する光触媒ミスト

犬の膿皮症は、皮膚の抵抗性が弱い子犬や、免疫力の低下した老犬に多く見られる傾向にあります。
内分泌疾患(ホルモン分泌異常)などの病気や肝臓病を患っている犬にも多く見られ、アレルギー体質や皮脂の多い犬は、膿皮症を繰り返し起こしやすいと言われています。
Ads by Sitemix