犬の膿皮症は、皮膚に黄色ブドウ球菌などの細菌が急増する事で生じる感染性皮膚病です。

犬の皮膚には、様々な細菌が存在しています。
皮膚が健康な状態であれば、それらが皮膚に悪影響を与える事はありません。
しかし、ストレスや老化などから免疫力が低下していたり、アレルギーやアトピーなどの皮膚疾患を持っていると、皮膚の細菌増殖を抑える力が低下するため、皮膚の発赤や発疹、化膿などが現れるようになります。



人にも犬にも安心安全な光触媒ミスト

犬の膿皮症対策に
犬の膿皮症対策に


犬の膿皮症の治療と予防

 

膿皮症は何らかの皮膚疾患を患っている場合には、それが引き金になっている場合も多いため、皮膚疾患の治療がおこなわれます。

 

しかし、皮膚の痒みを防ぐためにステロイド剤を使用すると、免疫力が低下するため、皮膚の細菌抵抗性も弱くなり、膿皮症が治りにくくなる事があります。

 

また、抗生物質の使用によって、抗生物質の効かない耐性菌が皮膚で増えてしまうと、治療が極めて難しくなり、完治させる事も難しくなります。

 

夏場は特に皮膚が蒸れやすくなるため、皮膚の常在菌が増殖しやすくなりますので、被毛を短くカットする事も有効な予防策と言えます。

 

しかし、あまりに短くしすぎると皮膚がむき出しになり、かえって皮膚炎になりやすくなる場合もあるので、十分注意が必要です。

 

日頃からこまめに愛犬の体を拭いて清潔に保ち、常在菌の急増を防ぐ事も大切です。

 

また、毎日愛犬とのスキンシップを兼ねて、皮膚の状態をチェックしておき、異常がないかしっかり観察する事も大切な予防策と言えます。

 

もし、発赤や発疹などが見つかった場合には、ひどくならないうちに早い対処をおこなうように心がけてください。


犬の膿皮症に!光の力で細菌を安全に分解する光触媒ミスト

犬の膿皮症は、皮膚の抵抗性が弱い子犬や、免疫力の低下した老犬に多く見られる傾向にあります。
内分泌疾患(ホルモン分泌異常)などの病気や肝臓病を患っている犬にも多く見られ、アレルギー体質や皮脂の多い犬は、膿皮症を繰り返し起こしやすいと言われています。
Ads by Sitemix